木、植物の知識を深めるサイト

トチノキ

6月 トチノキ

トチノキは春・夏・秋・冬と1年を通じて際立つ特徴を持っている。
季節を問わず一目でその木がトチノキとわかる目印がある。

冬、トチノキの冬芽は、光沢がある接着剤のような粘液に覆われています。あまりにべたべたしているので、アリなどが捕まっているのを見かけます。このような冬芽はトチノキの他はあまり見かけません。
また、冬は枝に刻印された葉痕でも区別できます。葉痕は葉が落ちた後に、枝に残る葉の根元の痕です。トチノキの葉痕は扁平な卵状逆三角形で、下方の2辺に沿って小葉の数と同じ維管束の痕が小さな突起となって並んでいます。
維管束はいわば植物の血管のようなもので、いろいろな物質の輸送路で、その断面の痕も枝に残るのです。 
冬場、葉がなくともその猿の顔にも似た葉痕を確認することや粘液に光る冬芽を見ることで、その木がトチノキであることがわかります。

春から秋は大きな葉が目印になる。
手のひら状にふつう9つに裂け、長さが50センチにもなる大きな対生する葉をもつ木はそうざらにはない。日本にはトチノキを除いて見当たりません。
しかも葉をつくるパーツである小葉は狭い楕円状で、それには中脈の両側にほぼ平行に走る20から30対もの側脈が刻まれています。

初夏は花の季節、5~6月に樹冠の枝先に出る大きな円錐花序が目立つ。
それに着く花も一目でトチノキのものとわかる。4つある白色の花弁は基部中央が淡い紅色になり、その姿が座った小猿の後姿のようにもみえる。

秋になれば、これも一目でトチノキのものとわかる実がなる。
直径が3~5センチもあり、表面がでこぼこした果実が樹下を埋めるように落ちる。
この果実の厚い殻は3裂して、ふつうは中にただ1つの種子を生じる。
種子は栗に似るも、上下に押しつぶされた饅頭型で、表面はつやつやして光沢もあるが、およそ下半分は黄褐色で、光沢もない。

では、トチノキの旬を選ぶとするといつがいいだろう。

それはトチノキの名前の由来がハチミツノキから名付けられたので、蜂蜜の採れる、花の時期としたい。
トチミツが勝れた蜂蜜(蜜蜂が採取してくるハチミツの量そして素晴らしい色や香りや味)であるとことろから、昔から、トチノキが「蜜蜂の木」と呼ばれて大事にされた。
その「ミツハチノキ」がいくつかの転訛を重ねたのち「トチノキ」へ昇華し、それが樹名になったと考えられている。

それは、このミツハチノキが次のような経過をたどって、トチノキへ変身した。
① ミツハチノキ    mitufati   ⇒ ミの母音i 脱落 
② ムツハチノキ    mtufati   ⇒ ミの子音変化m→n  ハの子音f脱落
③  ンツアチノキ    ntuati  ⇒ 促音ンの脱落、二重母音の変化ua→o
④   トチノキ      toti

トチノキ蜂蜜はニセアカシア蜂蜜より少し色が濃く特有の風味がある。蜂が蜜をあつめる期間はトチノキの場合6月ごろなので他のものよりやや遅いという特徴もあり、雨が多く、気温が高いと流蜜が多くなります。花は午後2時ごろに最大の蜜を分泌するので、養蜂家はその時期、時間帯をめがけて採蜜します。

トチノキの戦略(他家受粉の仕組み)
マルハナバチは、まずトチノキの花序の下部に到着すると、順次、上へ上へと移動しながら、花弁の付け根にある蜜線を吸蜜し、花序の上部に達すると他の花に向けて飛び立つ――といった行動パターンを採るマルハナバチが全体の87%を占める。残りの13%は、花序の中部の花に到着し、上部の花へ移動し、そこから他の花へと飛び去る。これを逆に言うと、花序の上部に到着し、下に移動して下部の花から飛び立ってゆく、マルハナバチは全然いないのである。
先に述べたように、トチノキの花序の下部には、ほとんどの両性花が集まり、上部に雄花が分布する。また、トチノキは、雄花も両性花も開花後3日間、すなわち黄色の期間で、花蜜の分泌と、花粉の生産をやめる。さらに、両性花の柱頭で受粉が可能となるのは、この柱頭が8mm前後に直立してくる、開花後4日~8日の5日間である。
このような状態にあるトチノキの花のもとに、蜜蜂がやってくるのだ。その花序の下部から上部へ移動する蜜蜂の行動は、トチノキに自家受粉を回避し、他家受粉を保証するのだ。蜜蜂に色の識別能力があるかどうかは不明である。蜜蜂には、われわれの知りえない不思議な能力が備わっているとしか思えない。

平地に温帯林がある中部地方や東北地方ではトチノキは肥沃な土地にごく普通に生えている木だ。ふたつの沢が出会うようなところにできる平坦な地にもトチノキはよく生え、各地に栃平のような名称もみられるなど、住民に広く着目されてきた木といってよい。

食用としては、秋に大量になる種子は保存もきき、採取した澱粉は冬場の食料としても重要であった。しかし、種子にはサポニンやアロインなどの物質を含んでいて苦味が強く、そのままでは食べることはできない。
これを食べるにはそれなりの方法が必要で、古くから東北地方で行われていたのは数日間、採取した澱粉を流水に晒し、その後木灰を混ぜ熱湯を注ぎ、水洗いした後、セイロで蒸す、さらに米を混ぜて、ついて餅とする方法であった。
また、種子を1ヶ月ほど水に漬けてから皮を取り、灰汁で煮てから米を混ぜ、蒸してつく方法も行われた。
しかし、飢饉に見舞われることもなくなった今、トチノキの種子の食用としての価値は間食やお土産用のトチ餅にほぼ限定されてしまった感がある。

トチ餅の作り方
トチの実はサポニン、アロインを含み直接食用にはできません。そのアク抜きの方法には各地に独特の方法がありますが、大体似通っていますので、平均的な方法を紹介します。
1. 採取したトチの実は虫殺しのため、採ってすぐに数日~1週間ほど水につける。
2. その後腐敗防止のため、莚の上で2週間ほど天日乾燥し、カラカラに干し上げる。
3. そうして保存しておいたものを、使う際に、1週間ほど水につけて吸水させる。
4. お湯に漬け実をあたため剥きやすくし、鬼皮と渋皮を剥く。
5. 剥いたものはザルや袋に入れ、数日~1週間、水にさらす。(流水が一番よい)
6. 鍋でトチの実を30分ほど煮沸する。(この工程をしない場合あり)
7. 木灰と熱湯をあわせた木灰液の中に煮たトチの実を入れ混ぜ、冷めない状態を保ち一昼夜~数日置く。
8. ひとかけらを洗って食べてみてアクの抜け具合をみる。
9. アクが抜けていたら、トチの実を取り出し水洗しながら灰や渋皮を取り除く。
10. このトチの実ともち米を一緒に蒸して杵でつき、もちを作る。

現代的な方法も紹介します。(改良トチ粉の製法)
1. 種子を殺虫乾燥する。
2. 小さく砕き、製粉機にかけ皮を除く。
3. できた粉に濃度1%のアルカリ液(炭酸ソーダ液)を注ぎ、その後すすいで乾燥させる。

この粉は、菓子や水あめ、煎餅に作り、米の代用として使われました。
このように大変な手間がかかるのですが、クリのように手間もかからず、すぐ食べられるものもあるのに昔の人々はどうしてこんなにまでして食べようとしたのでしょうか?
これはトチの実は救荒食としての性質が強く、乾燥貯蔵すれば数十年も持つもので、しかも不作の年があまりない実であったためです。実もおおきいですし、木の実の中では多量の澱粉質が含まれているという特長もありました。
また、トチ餅は含まれる成分のせいか数日経っても普通の餅のように堅くならず柔らかいままので、冬山に入って獲物を獲るマタギの食料にも重宝されていました。

他方、用材としてのトチノキの需要は大きい。
その材は緻密でかつ軟らかく、加工が容易である。
耐久力には劣るものの削った面の光沢に品があり、板目には微細な髄線の切り口が横に直線状に規則的に並び美しい。
木目の美しさはいわゆる「杢」といわれる特別な模様を多く生じる。
肌がきめ細かく、絹織物のような光沢を持つ材にコブ杢や縮み杢、虎斑杢、葡萄杢、玉杢等の模様が入ればさらに価値は上がる。
大は床柱や磨き床板、天井板から、小は違い棚や腰板などに利用された。
また、材は均質でもあるため、ロクロ物や刳り物にも向いている。
とくに現在は直径が50センチを超えるような丸太材はトチノキを除いて容易には手に入らないこともあり、捏ね鉢や盆づくり、木杓子等に重用されている。

栃伐る馬鹿 栃植える馬鹿

トチノキは植えてから30~50年生育してからでないとたくさんの実はならない。トチノキは毎年多くの実をつけ、実は乾燥させると長く保存できるので飢饉に備えることができた。
江戸時代はトチノキの伐採を禁じた藩もあったそうだ。
そんな非常に役に立つトチノキを切るのは馬鹿ものであるということだ。
同じく、トチノキを植えても実がたくさんとれるまで30~50年かかるので実を収穫できるのは次の代になるので植える馬鹿といわれた。
しかし、本来、「木を植える」ということは自分のためでなく、子や孫の代のため、日本の自然を守るため植えるのである。たくさんの「植える馬鹿」が増えることを願う。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional